ウェディングドレスをレンタルするスケジュールを確認しよう

ドレスにかかる費用

全体的に結婚式でかかる費用は350万円ほどと言われており、その費用の中でも衣装代が大体50~60万円くらいかかってしまいます。結婚式の費用で大きな割合を占める衣装代ですが、なるべく安く抑えていきたいと思う方もいるでしょう。そこで、ウェディングドレスのレンタルに注目していくと良いですよ。

ウェディングドレスをレンタルする魅力

  • 購入するよりも安い費用でドレスを着れる
  • 数回のお色直しはレンタルが楽
  • 結婚式後、クリーニングなどのお手入れをやらなくて済む
  • ドレスの保管場所に困らない
  • レンタルだとアクセサリーなどもセットでついてくる

ウェディングドレスをレンタルするスケジュールを確認しよう

花嫁

最高のドレスを見つけるために…

大事な結婚式なのでウェディングドレスはしっかりと選んでいくことが大事です。お気に入りのドレスを見つけるためには情報を集めつつも、スケジュールをきちんと立てておくと良いでしょう。

ドレス

早めの予約が大事

基本的に人気があるウェディングドレスはすぐにレンタルされるので予約が殺到してしまうでしょう。そのため、人気のドレスをチェックしていきたい場合は挙式の6か月前にはショップに連絡をして、試着や予約をしていくことです。

花嫁

最低でも3か月前には決めよう

色々とスケジュールが詰まっていても挙式の3ヵ月前にはウェディングドレスを決めておくことです。中々ドレスが決まらなくて焦ってしまいがちですが、運命のドレスを見つけるまでしっかりと選ぶことが大事ですよ。なお、ドレスが決まったらサイズの調整や小物選びなどもあるので、それもきちんと取り組みましょう。

レンタル費用を安くする3つの方法

男の人と女の人

予算をはじめに伝える

ウェディングドレスのレンタルではスタッフに予算を伝えておくのがポイントです。予算を伝えておくと最初から予算内のドレスを試着することが出来るので、最初から高価なドレスに目移りしなくて済むでしょう。

契約の前に値引きをする

衣装代を少しでも安くしていきたい場合は、契約を結ぶ前に値引きの交渉をすることです。その際に式場にもメリットがある条件を提示して値引き交渉をしていくのがポイントとなっています。

ブランドにこだわらない

有名ブランドのウェディングドレスは他と比べてみると高い値段になってしまいます。憧れであるブランドのドレスを着たい!という強い思いがあれば良いですが、ブランドじゃなくても問題ない方はこだわらなくてもいいと言えます。

広告募集中